毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれと、仕事のはなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オトナ女子の気くばり帳』

kikubari_1.jpg
オトナ女子の気くばり帳』(サンクチュアリ出版)

編集のお手伝いをさせていただきました、
『オトナ女子の気くばり帳』が先日、発刊されました。

「ルールにしばられない生き方」
「マナーどおりが正しいとは限らない」
を合言葉に、従来のマナー本と目線を変えて、
相手も、自分も、うれしくなれるような気くばりのアイデアを紹介しています。

イラストは一冊丸ごとマスコエリさんによる描き下ろし。
ちょっぴりレトロな表紙のオトナ女子(おかっぱ良子さんといいます)が、
等身大のいい味を出しながら、各ページで活躍してくれています。

昨秋、出版社で打合せに集まったスタッフ全員がおかっぱだった…という珍事件も
ありましたが、そんなおかっぱチームによる、おかっぱさんが目印の、渾身の一冊です。
どうぞ、ご贔屓によろしくお願いします。

アンケートにご協力いただいた気くばり上手な方々、
この場を借りて、どうもありがとうございました!

kikubari_2.jpg

kikubari_4.jpg

kikubari3.jpg


関連記事
スポンサーサイト

大相撲

相撲ファンの友人が主宰するツアーに混ぜてもらい、
初めての大相撲観戦へ(大阪場所)。

sumo_170318.jpg

写真は新横綱の稀勢の里、登場のシーン。
客席は盛り上がる、盛り上がる。

升席でビール片手に行楽気分。
お相撲奉行(友人)の絶妙な解説を聞きながらの、贅沢なひとときでした♪




関連記事

今年も冷え冷えだった京都の冬が去り、ようやく春。
放置していたブログを、もぞもぞと再始動しようと思います。

1_160321.png

長かった保育所生活も、あと少しでおわり。
小学生になる日を、指折り数えて待望んでいるムスメです。

いつも全力で”いまを生きてる!”感じだったムスメが、
年長さんになって、少し先のことを楽しみにしたり、
そのための準備をしたりと、”未来”を思考するようになり。
人間らしく成長しているんだなあと、日々感じています。

しかし、東京時代のことや、少し前に会ったお友達のことを
なつかしいね、と話しても、ぽかんとした反応。
子どもにとって、過去は興味の対象外なんですね。

京都6年目の春。
前進する姿勢を、オトナも見習わねば。

関連記事

新刊イベントのお知らせ


そしてさっそくですが、今週末の10月9日(日)、
ザ・コンランショップ・キッチン(渋谷ヒカリエ内)にて、
新刊『野菜たっぷり すり鉢料理』のイベント&先行販売が行われます。

13時〜と15時〜の2回、すり鉢料理の試食付きで参加無料。
本当に多くの人に見て、香って、味わっていただきたい!

関東方面の方、完成ほやほやの新刊と、宮本しばにさん、
そして働き者のすり鉢たちに、ぜひぜひ会いに来てください〜!
(私もお手伝いで参加します〜)

◎イベント詳細
http://www.conranshop.jp/news/event/suribachi

------------------------------------------------
創作野菜料理家 宮本しばにさんによる
「すり鉢料理」のクッキングデモンストレーション
------------------------------------------------

新刊「野菜たっぷり すり鉢料理」(アノニマ・スタジオ)の発売を記念して、著者の宮本しばにさんをお招きし、新しい「すり鉢料理」のレシピをご紹介いただきます。
当日は、宮本さんが作るすり鉢料理をご試食いただけるほか、新刊の先行発売、さらに料理本で使用しているすり鉢の予約販売も行います。
開催店舗:ザ・コンランショップ キッチン
開催日時:10月9日(日)
第1回 13:00~14:00 / 第2回 15:00~16:00
参加費:無料
--------------------------------------------------
宮本しばに
創作野菜料理家。世界の国々を旅行しながら野菜料理を研究。1999年から日本各地で「ワールドベジタリアン料理教室」を開催。2014年に「studio 482+」を立ち上げ、料理家の視点でセレクトした手仕事のキッチン道具を販売するオンラインショップをスタートさせる。販売、執筆、ワークショップ開催を通し、日本の伝統的な調理道具と料理のコラボをテーマに活動している。

event1005.png





関連記事

『野菜たっぷり すり鉢料理』

cover1_blog1005.jpg

http://www.anonima-studio.com/books/recipes/suribachi/


アノニマ・スタジオから来週発売となる
宮本しばにさんの料理本、
『野菜たっぷり すり鉢料理』。
企画と編集を担当させていただきまして、
発売前ですが、Amazon等で予約開始しているので
ちょこっと(と言いつつ長文です)ご紹介。



宮本しばにさんは、
長野の静かな高原に暮らす料理研究家さん。

手に入りやすい身近な材料を使って、
ふつうの人がふつうの台所で再現できる、
でもふつうには決して思いつかないような
組み合わせの妙、磨き抜かれたクリエイティブな感性で、
新しいレシピを多数発信されています。

基本的にベジタリアンでお肉や魚なしレシピですが、
そんなことは忘れてしまうくらいに、
満足度たっぷりのお料理たち。

作り方通りに料理をするのが
昔から大の苦手だった私が(すぐに脱線&創作してしまう)、
まじめに、本気で、レシピに忠実に作ってみようと
改心した(そのほうが絶対に美味しいから!!)
きっかけになった料理家さんでもあります。

京都に移住してからご縁がつながって
交流を重ねさせていただくうち、
海外経験も豊富なしばにさんが、最近は
すり鉢や土鍋など日本の調理道具に
注目されていることを知りました。

とりわけ「すり鉢」で作られるしばにさんのレシピは、
「すり鉢=ごまをする道具」という先入観から解放され、
自由で、五感が刺激され、心と体がわくわくするものだらけで。
すり鉢ひとつで、スパイスもバジルもすりつぶせる。
芋やトマトも、ナッツ、にんにく、しょうがも!
ジェノベーゼパスタにアジアンカレー、
麻婆豆腐やコロッケ、マヨネーズ、
ブランマンジェにクッキーなどのデザートまで!!

……と、その幅の広さには舌を巻くばかりです。

料理家さんって、調理法と味の ”発明家” なのだなあ。
そう、しみじみと思うようになりました。
 
かねてから、本作りの姿勢にこっそり惚れていた出版社
アノニマ・スタジオにご縁をいただき、
そんな「すり鉢料理」の秘蔵レシピを
一冊に詰め込んで、出版できる運びとなりました。

台所に眠らせているすり鉢をお持ちの方、
いつもの料理をもっと豊かなものにしたい方、 
沢山の方々に、お手にとっていただけたら嬉しいです!


<制作チーム>
◎美しい料理写真は、京都在住フォトグラファーの野口さとこさん。
◎美味しく愉しい「すり鉢料理」の世界を「本」という形で見事に現してくれたのは、京都在住のデザイナー・いわながさとこさん。
◎すり鉢の装画と挿絵は、黒ペン1本で心震える素描を生み出す、広島在住の素描家・しゅんしゅんさん。

地方でそれぞれに活躍中の方々が集結して、
長く愛されてほしい一冊を世に送り出せること。
その幸せに只々感謝するばかりです。



関連記事

 | HOME |  »

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
築90年の町家を改装した
自宅兼仕事場で本を作ったり
布を染めたり縫ったりな日々。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (191)
本のシゴト (44)
ヨンダ本 (3)
カバン作り (1)
染めモノ+縫いモノ (34)
町家のヨウス (19)
ツボニワ (10)
和のチエとモノ (42)
京都のコト (120)
オシラセ (27)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。