毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

水無月


niwa2017_6.jpg
つぼ庭の網戸に、涼しげな来訪者が。
まるで影絵のような。

上半期が終わろうとしている現実にハッとして
「水無月」を買い求め、無病息災を祈念する。
ことしは近所の和菓子屋さんのもの。
minazuki2017.jpg

下鴨神社門前の甘味やさんには、かき氷がお目見え。
舌涼みに、この夏もたびたびお世話になります。
kaki_2017_6.jpg


関連記事
スポンサーサイト

一年生


この春は、休日のたびに鴨川へ。
18835670_1461840610557792_8056033706224000504_n.jpg

気がつけば、京都の観光スポットに出歩くことが滅多にないわが家。。。
なんだかんだで、近所の鴨川が一番のお気に入りスポット(&出没頻度が高い)かも!
ということに、先日ハタと気がつきました。

行けば必ずお友達のだれかに会える、というのもムスメにとっては好きな理由。
大人も、空+川+山の清々しい景色のなか、心地よく過ごせます(ときにはビール片手に)。

ムスメは、この春から小学生に。
IMG_8775.jpg

7歳のお誕生日も迎え、もうすっかり「1年生」が板についてきました。
6年間通った保育園時代の送迎からも開放されて、
親はどんどんラクになるばかり。


「給食当番」の姿を、おうちで再現!
18740598_1461840627224457_4489053691120489082_n.jpg

上級生のお姉さんたちに憧れて、
いまは「早く3年生になりたい!」のだとか。


年長さんのときに習い始めたバイオリンは、
夏休みに行われる初めての発表会に向けて、
練習をマイペースにがんばっています。
18882263_1461840640557789_25084947671673053_n.jpg

保育所で連れて行ってもらったオーケストラの鑑賞会に触発されて、
本人の強ーーい希望により始めたバイオリン。
しかしレッスンに通い始めてみたら、これが思いのほか練習嫌いで(!)
親子ともども、苦戦中です。

”たのしい”と思える範囲で続けて欲しいけれど、
ちょっぴり苦しい思いをして練習した末、先生に「花マル!」と褒めてもらえる嬉しさもあったり…。習い事との向き合い方って、なかなかむずかしいなあと感じています。


関連記事

『オトナ女子の気くばり帳』

kikubari_1.jpg
オトナ女子の気くばり帳』(サンクチュアリ出版)

編集のお手伝いをさせていただきました、
『オトナ女子の気くばり帳』が先日、発刊されました。

「ルールにしばられない生き方」
「マナーどおりが正しいとは限らない」
を合言葉に、従来のマナー本と目線を変えて、
相手も、自分も、うれしくなれるような気くばりのアイデアを紹介しています。

イラストは一冊丸ごとマスコエリさんによる描き下ろし。
ちょっぴりレトロな表紙のオトナ女子(おかっぱ良子さんといいます)が、
等身大のいい味を出しながら、各ページで活躍してくれています。

昨秋、出版社で打合せに集まったスタッフ全員がおかっぱだった…という珍事件も
ありましたが、そんなおかっぱチームによる、おかっぱさんが目印の、渾身の一冊です。
どうぞ、ご贔屓によろしくお願いします。

アンケートにご協力いただいた気くばり上手な方々、
この場を借りて、どうもありがとうございました!

kikubari_2.jpg

kikubari_4.jpg

kikubari3.jpg


関連記事

大相撲

相撲ファンの友人が主宰するツアーに混ぜてもらい、
初めての大相撲観戦へ(大阪場所)。

sumo_170318.jpg

写真は新横綱の稀勢の里、登場のシーン。
客席は盛り上がる、盛り上がる。

升席でビール片手に行楽気分。
お相撲奉行(友人)の絶妙な解説を聞きながらの、贅沢なひとときでした♪




関連記事

今年も冷え冷えだった京都の冬が去り、ようやく春。
放置していたブログを、もぞもぞと再始動しようと思います。

1_160321.png

長かった保育所生活も、あと少しでおわり。
小学生になる日を、指折り数えて待望んでいるムスメです。

いつも全力で”いまを生きてる!”感じだったムスメが、
年長さんになって、少し先のことを楽しみにしたり、
そのための準備をしたりと、”未来”を思考するようになり。
人間らしく成長しているんだなあと、日々感じています。

しかし、東京時代のことや、少し前に会ったお友達のことを
なつかしいね、と話しても、ぽかんとした反応。
子どもにとって、過去は興味の対象外なんですね。

京都6年目の春。
前進する姿勢を、オトナも見習わねば。

関連記事

 | HOME |  »

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
東京から京都に移り住み、
築90年の京町家で本にまつわる
お仕事をしています。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (121)
本のシゴト (45)
ヨンダ本 (5)
家シゴト・手シゴト (58)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (50)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (26)