FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

≫本のシゴト

気くばり文具、続々発売中。


2年ほど前に編集をお手伝いさせていただいた
『オトナ女子の気くばり帳』(サンクチュアリ出版)。
kikubari1.jpg

昨年夏頃から、文具シリーズの展開が始まり、
好評をいただいているようです。
この秋も、続々とラインナップが増加中。
イラストを手がける、ますこえりさんファンの一人としては、たまらない内容。
(もったいなくて、なかなか使えません…!)
kikubari_0930.jpg

おかっぱさんの甥っ子という、新キャラも誕生しています。
kikubari_0930_2.jpg

書籍企画から文具シリーズが生まれるという
新しい広がりに、胸がわくわく。

私自身は文具企画にはノータッチなので、
版元の編集さんから時々報告をいただくのみですが。
おかっぱさんの活躍を、外野から見守る叔母さんのような気分です。

本のほうも、末永くご贔屓に
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



児童書のお仕事

2冊続けて、児童書のお仕事に
関わらせていただきました。

mariera 2020_4

*左
『マリエラミステリー なぞのモルモットおばけ!?』
ケイト・パンクハースト/著 須賀紀子/訳 (西東社)
イギリスの大人気探偵児童小説シリーズ、日本版第1巻目。

*右
『絵で見てわかる! 世界の国ぐに』(朝日新聞出版)
山口正/監修
北・中・南米エリアを担当させていただきました。


**

また、既刊の『おいしくたべる』(朝日新聞出版)が、
この春改定された、光村図書出版『5年生 国語』の教科書
「読書のすすめ」というページにて、書影入りで紹介されています。

そのおかげもあってか、ついに増刷決定!!
2年半がかりでの重版。
教科書制作に関わるどなたかの目に留まり、
このように選んでくださったこと、
この上なくうれしく思います。

たくさんの子どもたちに届きますように。



『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』


編集をお手伝いさせていただいた本が、7月初頭に発刊されました。

調子いい
『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』仲野孝明/著(サンクチュアリ出版)


大正時代から続く治療院「仲野整體(せいたい)」の4代目、
仲野孝明先生による、カラダの正しい使い方の指南書です。

どのようにカラダを使えば調子が良い状態に導けるのか、
絵を中心に、ひと目で分かるような工夫を施した構成。
本も読みたくない…という”超お疲れ女子”でも、実践しやすい内容です。

みぞおちから脚が生えているようなイメージで歩くと、
疲れにくくなります!

調子いい2

スタッフの間で「みぞおちちゃん」と呼ばれ愛されていた看板キャラはじめ
本書内の全てのイラストを描いてくださったのは、イラストレーター・しまはらゆうきさん。
おしゃれで新鮮なデザインはマルサンカクの高橋朱里さん。

こちら、発売早々に重版もかかり、売れ行きも”調子いい”そう。
個人的には、制作しながら自身のカラダの見直しもできて、
とてもありがたいお仕事でした!



『台所にこの道具』

daidokoro0.jpg
『台所にこの道具』宮本しばに著(アノニマ・スタジオ)


編集を担当させていただいた、
宮本しばにさんの新刊『台所にこの道具』が
11月初頭から書店に並び始めています。

羽釜、鉄瓶、鬼おろし…。16の台所道具の魅力と、
道具を生かした24の創作レシピが詰まった一冊。
英訳付きなので外国の方へのプレゼントにもおすすめです!

daidokoro4.jpg

daidokoro3.jpg

daidokoro5.jpg

daidokoro6.jpg

daidokoro7.jpg

素敵な装丁デザインは、いわながさとこさん
美しい料理写真は、野口さとこさん
豊かな雰囲気のイラストは、ダイモンナオさん
英訳はしばにさんのご主人で翻訳家でもある宮本貞雄さん

前作の『野菜たっぷり すり鉢料理』ともども、
私も魂を込めて関わらせていただいた一冊です。

とくに今回の制作中は、
全霊でケアを求める0歳次女を抱えながらのお仕事でもあり、
息切れしそうになったり、至らなかったりすることも多々ありましたが、
家族や周りの、そして何より制作チームの理解をいただきながら、なんとかかんとか。

本づくりは、文字どおり時間と苦労の積み重ねの賜物。
だけど手をかけ想いを込めた分だけ、愛おしさも増すなと
いつも子育てになぞらえて考えてしまいます。

発刊から約1カ月のあいだ、
代官山蔦屋書店では、本書の発売と合わせて
本で紹介されている道具類の販売もしていただいています。
年末には京都・恵文社一乗寺店でのイベント&道具フェアも
予定しています。
お近くの方はぜひどうぞ。


『たのしいうんどう』『みんないきもの』

脳みそが溶けそうな程、暑かった夏の真っ只中に
出来上がった2冊の本。

『みんないきもの』『たのしいうんどう』
(朝日新聞出版)
2018_10_9.jpg

既刊の『おいしくたべる』と並べると、
表紙の絵がつながって見えるという
密かなしかけが隠されています。
(大人には気付かれにくいけれど、
案外こども達は気づいてくれるという説アリ)
2018_10_7.jpg

じわじわと子どもたちに届いて欲しい本。
3冊揃いぶみで、どうぞ末長くよろしくお願いします!

『おいしくたべる』
https://www.amazon.co.jp/dp/402333152X/
『たのしいうんどう』
https://www.amazon.co.jp/dp/4023331511/
『みんないきもの』
https://www.amazon.co.jp/dp/4023332178/




 | HOME |  »

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (130)
本のシゴト (56)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)