FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

≫日々のコト

2020 夏


夏のきろく。
ブログ_2020夏3
(長女画・京丹後の海に日帰り海水浴へ)

春先のコロナ自粛期間を経て、
学校再開に心を踊らせていた小4長女にとっては
夏休みが短縮されて、むしろ嬉しそうといった様子の夏。

2歳次女も、「もう、○○ちゃん、おねえちゃんになってきたー!」などと
いっちょまえな強気発言ができるほど、おしゃべりが達者に。
毎日、元気に保育園生活を楽しんでいます。

遠くへの旅行や里帰りはできなかったけれど、
それなりに予定や仕事も詰まっていて、
濃密にかけぬけた夏でした。



恒例のバイオリン発表会は、今年でもう4回目。
ビバルディ協奏曲イ短調・第一楽章という、名曲に挑戦した長女です。

直前まで怪しかった暗譜も、本番はなんとかクリアできて…。
曲の難易度が上がり、今年もますます(親の)心臓が縮む思いでしたが、
「緊張したけど、たっのしかったーーー!」 と今年も陽気な感想を述べていた本人。
さすが、本番には強い人。
ブログ_2020発表会

今年の会場は関係者のみの観覧でしたが、
同時にオンラインでも配信され、
遠方に住む両親にも、孫の姿をリアルタイムで見てもらえました。

オンライン、何かとありがたいシステムですね。
仕事面でも、出張に行かずとも対面できる機会が増え、
地方在住のハンディが減ったようで、ありがたい限りです。



京都の夏の恒例行事「地蔵盆」も、今年は読経のみの小さな会に。
縮小版とはいえ、今年、初めての町内会長を務めている我が家は
不慣れな準備に朝からてんやわんや。
町内の詳しい方々のお知恵を借りながら、なんとかセッティング完了。
ブログ_地蔵盆2

ミニチュアのお供え膳にも初挑戦。
お地蔵さまのお口に合いましたかどうか…。
ブログ_地蔵盆3

小さな鐘をついて、
町内に読経開始をお知らせして回る姉妹。
ブログ地蔵盆

来年は、例年どおり地蔵盆が開催できますように。



そして、巣篭もり生活の反動(?)というわけではないのですが、
我が家もついに車を持つことになりました。

我が家、夫婦ともども超インドア派なはず?
でしたが、なぜかアウトドアなことに導かれ……
結果、初めての車が商用バンという選択に。
京都の街中には、全然似合わないサイズ感ですが!
ブログ_2020夏1

じつはこの車、これから内側外側ともに
キャンピングカー仕様にガラリと改装される予定です。

というわけで、今は改装前のただただ大きい車なのですが。
この夏は、琵琶湖湖畔のオートキャンプ場へ初参上。
今年は予約制とあって、人少なめで快適に過ごせました。
小さい子と一緒でも安心な、穏やかな湖。
ブログ_2020夏

アウトドアライフの扉を開けてしまった我が家ですが、
もちろん、相変わらず生活の中心は家時間。
あちこちDIYにも着手しているので、その話題はまたの機会に。

さよなら夏!!!

(おまけ:海辺のわんこ)
ブログ_2020夏4


スポンサーサイト



2019 夏

2019-07-19_2.jpg

ずいぶん久しぶりの投稿になってしまいましたが、
マリモ舎ファミリーはみな元気にしています。

SNSとは別に、記録の蓄積になるブログを大切に続けていこうと
年頭に誓いを立てたはずなのに……
上半期はとにかく仕事↔家事↔育児の無限ループにはまって
あれよあれよという間に過ぎ去ってしまいました!

下半期(といってももう一ヶ月以上過ぎたけど)は心を入れ替え、
気持ちだけでもひと息つく意識を持ちたいものです。

いまは、
小3長女の夏の恒例イベントである
ヴァイオリンの発表会をぶじに終えてホッとしているところ。

3年目の今年は、ベッカー作曲『ガヴォット』という、
やや背伸び気味のバロック曲に決まり、3月頃からコツコツと練習スタート。
ピアノ伴奏もそれなりに込み入ってきて、ハハもこっそり裏練習の日々。
(本番はプロの先生が弾いてくれるのですが)
2019_7_18_8.jpg

しかし、本番間際に珍しく夏風邪を引き込んでしまった長女。
直前の一週間、みごとに楽器に触れなかったというまさかの事態(!)
……そして前日にようやくカラリと調子を取り戻し、
猛烈な直前練習の末に、発表会当日はノーミスで弾き切りました。

なんだかんだで本番に強い人(拍手!)
2019-07-18_2.jpg

そして「楽しかったからまたやりたーい!」と、
3年連続で同じ感想を語っておりました。

長女らしいマイペースな展開に、毎年ドギマギされっぱなしの大人たち。
でも、同じ教室の子たちの成長も楽しみで、
長女がヴァイオリンをやりたいなんて言い出さなかったら、
見ることもなかった世界に触れさせてもらっているなあと
こちらも楽しませてもらっています。

次女は早いもので、1歳7カ月。
自我がめきめきと発達してきて、
ときどき、魔のイヤイヤ期突入か?! というほど荒れます(笑)。
2019_07_18_6.jpg

身につけるもの(靴や服)に激しいこだわりを持ち、
保育所ではお友達と引っ掻き合いの大ゲンカ、
道を歩かせると暴走……などなど。

まったく穏やかではない性質の持ち主ですが、
長女との違いが新鮮でもある日々。
男子育ては経験したことがないけれど、
きっと少し似ている感じなのかなあとも。

とある日の、サングラス(おもちゃの)姿。
2019-07-18_7.jpg

7つも離れると姉妹でケンカになることも、ほぼなく。
お姉ちゃんがぐんとウワテで、この二人はほどよい距離感。
2019-07-18_3

犬のほうは、小さな怪獣(次女)をつねに警戒していて
まだまだ距離がありますが、ときにはこんな場面も。
「はい、どうぞ」
2019_07_18_4.jpg

ままごとキッチンの前で、寄り添う二人。
(犬のねらいは木製の野菜 ←かじるのにちょうど良いようで)
2019-07-19_1.jpg


梅雨明けも、もうまもなく。
この夏もみな元気に乗り切りたいと思います!



2018秋

更新がすっかり滞ってしまいましたが、
マリモ舎ファミリーはみな元気にしています。
2018_10_4.jpg

2年生になった長女は、
2度目のバイオリン発表会を楽しくクリア。
酷暑の夏の間、昨年に引き続き2冊目の仕掛け絵本、
『つりにいこう』を夢中で制作しておりました(自由研究として)。
2018_10_10.jpg

2018_10.jpg

マンションに住む、”さとしくん”という男の子が
主人公の「さとしくんシリーズ」。
来年の夏休みに続編を作る計画だそうですが、果たして…。

0歳妹は1歳目前で、もう歩き出しそう。
階段昇りもお手のもの。勢いよく成長を遂げています。
2018_10_1.jpg

あれよあれよという間に
貴重な赤ちゃん期が過ぎてしまいそうで、
ハハはときどき切ない気持ちに駆られます。
去年の今ごろは、まだお腹の中にいた人なのに…。

楽しさいっぱいの、年の差姉妹。
2018_10_3.jpg

外の世界に出てきて1年足らずで、
人はもうこんなに豊かに感情表現できるのか。

長女の時の記憶が薄れつつあるこの頃、
再び幼子のパワーに翻弄されっぱなしの毎日です。 
(年齢的に体力不足も感じつつ…)

わんこはずっと、我が家の赤ちゃん的存在のママ。
(次女の靴下を奪取し、座布団カバーに潜り込んだ瞬間をパシャ。隠れ家気分)
2018_10_8.jpg



それぞれの春


桜まみれの新二年生。
haru2018_1.jpg

次女(4ヶ月)は、保育園デビュー。
haru2018_2.jpg

マリモ社長は、PTA副会長に。
haru2018_4.jpg

ハハは、お仕事復帰。

それぞれの春が、はじまりました。
haru2018_3.jpg
(春月夜/西淑さん画)



初節句


2年前、実家の倉庫から救出してきた、古いおひなさま。
7段飾りを出すのも仕舞うのもひと苦労ですが、
長女が張り切って設置してくれるおかげで、今年もぶじ、飾ることができました。
hina2018_3.jpg

ふっくら丸顔の真多呂人形。
hina2018_4.jpg

今年は次女の初節句でもあり。
生後100日と少し過ぎてしまったけれど、
お食い初めのお祝いも合わせて。
hina2018_1.jpg

「引切り(ひちぎり)」という生菓子は、
京都では、ひな祭りの定番菓子なのだそうです。
hina2018_2.jpg


 | HOME |  »

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (130)
本のシゴト (56)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)