毬 藻 舎 つ れ づ れ

≫コドモのコト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬の子育て

寒さ厳しい今年の日本列島。
京都でも、例年通りの底冷えに加えて、
窓も壁も空気も……とにかく何もかもが冷え切っていて
凍るような寒さに毎日震えています。

しかし、子どもは積雪するたびに大喜び。
寒風のなか雪合戦に付き合っていたオットさんは
その後、腰をギクッと痛めてしまいトホホな状態に。
2018_2_3_5.jpg

家のなかでは、次女とわんこによる
”父ちゃんのひざ争奪戦”が勃発しています。
2018_2_3_2.jpg

お姉ちゃんのぬいぐるみと交流する次女。
2018_2_3_1.jpg

次女は、無事に生後2カ月が過ぎました。
7歳上の長女が育児にもりもり参加してくれることもあり、
赤ちゃんのお世話ってこんなにラクだっけ? とまで思えてきて。
てんやわんやだった前回が、まるでウソのよう。

小さな妹を「わたしが育てたい!」
と張り切る小さなお母さん。
なんだかとても頼りになる存在です。
2018_2_11_10.jpg

そんな長女ですが、最近の将来の夢は、
「お母さんになって、自分の子どもに
バイオリンを聴かせてあげること」なのだそう。

バイオリンは、相変わらずの練習量なのですが、
イメージだけは大きく膨らんでいるようです^^。





スポンサーサイト

ようこそ、わが家へ


予定日翌日の朝に
ぶじ産まれてきてくれました。

2017_11_31_7.jpg

陣痛スタートから産まれるまでに
丸4日もかかった長女のときにくらべ、
順調な進みで、さっすが二人目は早い! と喜んだのも束の間、
最後の最後に、赤ちゃんではなく、へその緒が先に出てくるというハプニング!
(医学用語では「臍帯脱出」というそうで)

結果、緊急帝王切開で取り出していただきました。

あとから赤ちゃんの心音低下して危なかったと知り、
あのときあの場での、お医者さんの迅速な判断に感謝するばかりです。

とにかく、ぶじに産まれてくれてひと安心。
2017_11_31_5.jpg

そして、初のハラキリ体験の傷跡は
術後1週間程ですっかり塞がり、
ハハも思いのほか元気な産後です。

理想のバースプランはあれど、
”安産”の在り方って、さまざまだなあと思いをめぐらせる。

ムスメはさっそく小さな妹にメロメロ。
ギュッと抱きしめ「わたしたちの子だね」と熱いコメント。
2017_11_31_8.jpg


小さな家族。
ようこそ、わが家へ。
suz2.jpg

2017_11_31_6.jpg







七五三(7歳)

ムスメの七五三詣りへ。

予約していた近所の写真スタジオで、
ビシッと着付けてもらい
頭も日本髪に結い上げていただき
753_1.jpg

おすましして撮影に臨む。
753_2.jpg

着物と帯は、私が7歳の頃に着たもの。
当時の私よりも、ムスメのほうがずいぶん身長が高いのですが、
世代を超えて受け継いでいける着物って
日本のありがたい文化だなあと、改めて思います。

同じスタジオで、3歳の七五三に写してもらった写真がこちら。
この晴れ着も、◯十年前に私、さらに◎十年前に実家の母が着たものです。
753_73.jpg


さて撮影後は、そのまま神社へお詣りに行くプランだったのですが
あいにくの荒天(台風接近!)で、一週間後に先送りすることに。

翌週は晴天でホッ。
朝からハハによる不慣れな着付け(人に着付けるってむずかしい!)と
ヘアセット(日本髪は無理でした…のでおだんご風付け髪でごまかす)を
なんとか済ませて、いざ下鴨神社へ。

大安吉日ということもあり、
七五三や結婚式の人、紅葉シーズン到来で観光客も、
と大勢の人で賑わっていました。
753_4.jpg

祈祷の申込み中。
753_3.jpg

慣れない着物と人混みで、
早々からお疲れスイッチが入ってしまったムスメさん。
カメラサービスも全然してくれず、だったのですが、
急に足取りが軽くなった、そのわけは……
753_5.jpg

……おだんご休憩でした。
下鴨神社にほど近い「加茂のみたらし茶屋」。
名物のみたらし団子は、家族みんなの大好物です。
753_6.jpg
(着物は割烹着と手ぬぐいで厳重にガード)

お疲れモードも一瞬で吹きとんだ様子で
にんまりする食いしん坊7歳女児。

ともあれ7歳まで元気に育ってくれて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも食いしん坊バンザイですくすくと!


夏のおもいで〜宿題


はじめての夏休みの宿題に挑む。

宿題のなかでも大物の自由研究は、
「しかけ絵本をつくりたい!」と
ムスメ自ら早々に決めていました。

が、結局着手したのは、夏休みが終わる4日前で…。
(親ものんびりしていました; )

仕事場に眠っていた用紙ストック
(本の装丁用などの見本として送られてきたもの)を
慌ててかき集め、いざスタート!
ehon1.jpg

始めてみると、 ”夏休みの終わり”というリミットが
ムスメ的にはまったく気にならないようすで、
あれもこれもと、凝りだす、凝りだす……。
ehon2.jpg

ehon4.jpg

結局、さいごは学童をお休みして
ギリギリセーフで完成させることができました!
ehona3.jpg

主人公が森へお散歩に出かけ、
いろいろな動物に出会っていく(←それぞれの動物にしかけアリ)、というストーリー。
1年生らしい、シンプルでかわいい内容に仕上がりました。

たのしく取り組めて(そしてなんとか間に合って…)よかったです!


バイオリン発表会


本番2週間まえ。
ビアノ伴奏をしてくださる先生のお宅へ、意気揚々と。
violin0.jpg

あっバッグが引っかかった…!(注:わざとです。)
violin1.jpg

この日のビアノ伴奏付きレッスンで、
気持ちよく弾けたことと、周りからも褒められたことに
すっかり満足した様子だったムスメ。

驚くべきことに、その後本番までの2週間、
さっぱり練習をしなくなりました。
促しても気乗りしない様子で、
唯一、2度あったレッスン日だけ楽器に触れるという…。
見るからに練習不足で、一度は完璧になってた暗譜さえも怪しげという事態に。

もともと練習は強要しない方針で、と思ってきたけれど、
本番間際に一体なぜ……と周囲のオトナは青ざめておりました。
本人はいたってカラリとしていましたが。

そして迎えてしまった本番当日、……の早朝。
何やらひとりで起きだし、ごそごそとバイオリンを準備しはじめ、
ようやく練習を始めたではありませんか…!

お、遅すぎる。もう間に合わない…と、
布団のなかから寝ぼけた耳をすます親。
しかし軽く20回以上(いや30回?)とくり返し弾いているうちに
しだいにスラスラ弾けるように。
少なくともピアノ合わせ時点のレベルには戻ったのでは、
と寝ぼけながら、胸をなでおろしたのでした。

慣れないヘアセットをして、
violin3.jpg

いざ、出陣!
violin2.jpg

リハーサルでも、本番でも、
緊張するそぶりを1ミリも見せず、
最初から最後まで、たのしげに弾いておりました♪
violin4.jpg

---

終了後。

ムスメ曰く
「発表会、たのしかったから、
 またすぐにやりたーい!」
とのこと。

心臓に悪いから、もう当分はいいです、
というのが親の本音ですけれど。

我が子ながら、大物というか、マイペースというか。
自分とこんなにちがう性質(魂)を持って生まれてくるって、
本当にふしぎなことだなぁと、改めてビックリさせられます。
(ちなみに私は発表会はすごく緊張するタイプでした。
なのでわりと練習して、本番を迎えていた…ハズ。
オットも上がり性だったとのこと。ムスメの血はどこから?)

まあプロを目指してスパルタ!というわけではないので、
バイオリンのことは、ムスメのペースに合わせて
見守っていこうと決めました。







 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で本の編集業に携わっています。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (127)
本のシゴト (51)
ヨンダ本 (5)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (30)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。