FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

≫2012年06月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演へ

日曜日。元ジャーナリストで宇宙飛行士の秋山豊寛さんの講演会へ。
秋山さんは、宇宙から戻ったのちにテレビ局を退職、その後は福島第一原発から
三十数キロの場所で農業をされていました。
事故後は、京都市内に避難されています。

避難区域からほんの数キロ外というだけで、国や東電から1円の保証金も
出ないばかりか、事故後も固定資産税の請求書が送られてくるとのこと。
農業ができるレベルの空間線量、セシウム濃度ではないにもかかわらず、です。
いまなお多くの農家の方々が移動する術を持たす、危険を重々承知の上で、
現地に残っているという現実――。
実際に体験された方の口から聴くと、事の重大さがより身近に感じられました。

ちなみに秋山さん、テレビ局出身でありながら(出身だからこそ?)
「信用していないのでテレビは見ない」のだそうです。

講演会のチラシは、お仕事でご一緒しているデザイナーさんが手がけたもの。
かわいらしさがありつつ、力強いデザイン。
何かを訴える活動において、デザインの印象や役割はとても大きいと思います。


講演会を主宰していたのは「さよなら原発1000万人署名・京都の会」。
先日、東京都では32万人分の原発稼働の是非を問う署名が否決され、
首相官邸前には、先々週の金曜日に1万人、先週は4万5千人が集まり、
大飯原発再稼働の撤回を求めてデモ。しかし、再稼働への情勢は変わらず。。。

さすがに1000万人もの署名が集まれば、世の中は動くのか、
それでもやはり動かないのか――。

現在、署名は750万人を突破しており、
1000万人到達を目標に、引き続き受付中だそうです。
一歩一歩、ひとりひとりができることを。
[1000万人署名用紙]
http://sayonara-nukes.org/shomei/
関連記事
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で本の編集業に携わっています。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (127)
本のシゴト (51)
ヨンダ本 (5)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (30)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。