毬 藻 舎 つ れ づ れ

≫2017年11月18日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産休のお知らせ

このたび思いがけず二人目を授かり、
産まれ来る新たな家族とともに、しばしお籠り態勢に入ります。

仕事の切れ目が曖昧で、フリーランスでもあるし
結局いつから産休という区切りがないママに、
迎えてしまった本日、出産予定日の前日。

せめて1日くらいは産休気分を味わおうかと
こっそりオット(いちおう毬藻舎社長ですし)にだけ
「今日から産休に入ります!」宣言してみました。
が、「産休じゃなくて、すぐに育休やろ…」
とのツッコミを受ける。
そ、そうなのか。。。

現在続行中のお仕事等もろもろは、
産後に落ち着き次第、
引き続きやりとりさせていただく予定でおります。

外に出かけるお仕事や出張などは、
しばらくのあいだ控えることになりそうです。

完全復帰は来春4月を予定しています。



そんなわけで、冬眠する動物たちと同じこの晩秋の時季に
冬籠りの支度をゆるゆると。

初夏に仕込んだ梅ビネガーを詰め替えたり
沢山いただいた柿をシロップ漬けにしたり。
fuyu_1.jpg

ビスコッティもあれこれと焼く。写真はココア味。
そういえば、娘のときも産前産後にひたすらビスコッティを焼いていたなあと
遠い記憶をうっすらと蘇らせたり。
fuyu_2.jpg

お焼きも。
あんこ、芋あん、人参葉のくるみ味噌などなど。
いろんな具材入りをいろいろ作って冷凍ストック。
fuyu_3.jpg

産後の腹ペコ授乳期に備えた食糧貯蔵。
あれこれストックしておきたくなるのは
妊婦特有の巣ごもり本能?なのかもしれませんね。
冬籠もりするクマの母親にシンクロするような、ふしぎな心境。

7年ぶりの出産、
まずは元気に産んでまいります!





関連記事
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で本の編集業に携わっています。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (127)
本のシゴト (51)
ヨンダ本 (5)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (30)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。