FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

気になる放射能 その2 ―放射線測定結果

東京も、まだらにミニホットスポットが
点在しているという噂があり、心配しています。

気をもんでいるだけでは始まらないなと思い立ち、
この週末、自宅と周辺の放射線量を測定してもらうことにしました。

ガイガーカウンターの購入も検討したのですが
高額なうえに、どこも完売状態が続いていて、断念

レンタルにも人気が殺到しているようですし、
そもそも自分で正しく測れるのだろうかという不安も。 

そんな折、線量計の扱いに慣れた専門のスタッフが、
希望の場所(東京都内)を訪問して、線量を測定してくれるという
ありがたいサービスを見つけました。(1時間6300円)
 ⇒ ガイガーカウンターレンタルドットコム

そして、測定してもらった結果がこちら。

●自宅(室内)     0.08μSv/h
●自宅の庭       0.16 μSv/h
●近所の公園/豊島区(砂場) 0.21 μSv/h
●近所の公園/北区(芝生) 0.17 μSv/h

やはり、砂場が一番、高めの数値に。
一瞬ですが、アラームがピーピーと鳴り響いてドッキリしました。
砂場遊びは、残念だけどしばらく我慢させないと。
公園の落ち葉を拾って食べようとするムスメですが、
それもやめさせよう!(←放射線に関わらず、ですが

さて。
砂場以外の数値は、高いのか、低いのか。
なんとも判断がつきかねるところ。

◎年間20msvまでOKとする国の基準だと、2.28μSv/hが上限。 
これは小さい子には酷すぎるという指摘も多いので、参考までに心に留めておくとして。


◎中部大学・武田先生の意見だと、
事故前の基準・年間1msvを守る場合、
食事などの被爆量を考慮した上での空間線量は、
0.11μSv/hが上限だそう。
これだと、上の数値はギリギリ安全圏か、ちょいオーバー。
 http://takedanet.com/2011/06/post_a199.html

いずれにせよ、
原発事故前の0.028~0.079 μSv/h(NHK発表の平常値)と比べると
屋外は2~10倍ほどの数値があるという現実。
それがハッキリしただけでも良かったような、認めたくないような。。

砂場の数値は、一応、区役所にも連絡しておこうかな、と思います。

--

今回、インターネットから申し込んだときは、
「計測のついでに何か押し売りされたりして……?」(疑ってすみません!)
「我が家がホットスポットだったらどうしよう……」(知らないほうが幸せかも?)
などと、ちょっぴりドキドキしていたのですが。

我が家にいらした方は、物腰がやわらかく、とても良心的でした。
お願いして本当によかったと思います

連日、各地で計測してまわっているということで、
関東一円の現状や、ほかの地域の話を聞けたのも、ありがたかったです。

ちなみに、訪問計測やレンタル依頼の9割は、
子育て世帯から、とおっしゃっていました。

23区内はおおむね同じくらいの数値で、
東側エリアの一部や、雨上がりの苔の上、砂場などは、
高めの値が出やすいとのことでした。

そして、こんな情報も入手!
今年の10月、エステーから、
家庭用の放射線測定器が発売されるとのこと。
価格も15,000円前後と、輸入品よりずいぶんリーズナブルだそうです。
 http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20110727-OYT8T00152.htm

そのうち、携帯にも放射線を測れる機能が登場したりして!?
それはそれで、便利かもしれないのですけれど。


--
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ





関連記事
スポンサーサイト



Comment

[90]

はじめまして。
私(F)も知恵袋的生活に憧れて、いつも拝見させていただいてます!
実は、最近、私も巣鴨近辺に引越しをし、放射線がちょっと心配だったので
測定結果がすごくありがたかったです!

私は独身で子供の心配はないのですが、やはり心配で。。。
いろんな情報があって、お子さんがいらっしゃると尚のこと不安だろうなーと。

今後もお邪魔させていただきますね!

[91]

コメントありがとうございます。
いつもご覧いただいているとのことで、
とてもうれしいですi-228

お近くなんですね。
豊島区は、放射線の計測データがあまり発表されてないようですね。
本当は区が調べてくれるといいんですけれどi-241

放射線は目に見えないだけに、過小評価されがちなのは
仕方がない部分もあると思いつつ。。
自衛できることを探して、がんばりたいと思います!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/227-f76372f1

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)