FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

震災から1年&京都へ引越します

3.11の震災から、早1年。
命を落とされた方々のご冥福を、改めてお祈り申し上げます。

DSC_8931_convert_20120315221027.jpg

----------------------------------------

幼い子をもつ母親としても、いち大人としても、
いろんなことを考え、想った、この1年。

大震災以降、世の中の見え方が
ガラッと変わってしまったように思います。

自分を含め、人や社会の「ウラ側」が、
たくさんオモテに出てきたとも感じます。
(いいことも、わるいことも全部含めて。)

お金や権力が大切にされ、
未来ある子供や自然のことが、ないがしろにされがちな社会。

これまで当たり前に信じてきたものが、信じられなくなり、
悪者探しをしたり、批判し合ったりすることに
エネルギーを費やしている(ように見える)社会。

経済を先導する首都・東京にいて、そんな社会の一端を担いながら、
これまで通りの価値観で暮らし続けていいのだろうかと
自問自答し続けた1年でした。

そんな目線で震災後のときを過ごすうち、

 困難な状況下でも、
ありのまま正直に、素直に、善意で、
生きていける、強いオトナであらねばなぁ

 自給自足生活は難しくても、
せめて「自分自足」できる逞しさを
養いたいものだなぁ

 ムスメにも、これからの長い人生、
どこにいても生きていける力と強さを
身につけてもらいたいものだなぁ

 値下げ競争の波に呑まれないような
「日本の」「つくり手の体温が感じられる」
価値観やモノ(本作りも含めて)を
大切にして生きていきたいなぁ

 都会の核家族よりも、親兄弟がそばにいて助け合える
大家族的な暮らし方に、心惹かれるなぁ

……そんなふうに、考えるようになりました。

放射能のことは、情報の振れ幅が大きすぎて、
素人には判断がつかないことだらけ。
正直なところ、いろいろと、よくわかりません。
わからないから「大丈夫」と安心することもできない。

そんな思いや、もろもろの心境の変化で、
春からは、オットの故郷である京都に
生活の拠点を移すことに決めた我が家。

羊カンパニーを本日付で退社し、
来週には京都の新居へ引越しをします。

8年間お世話になった、家族のような会社を離れるのは、
とにかく残念でなりませんが。
私たち夫婦の勝手な決断にも関わらず、
会社の皆さんには、明るく送り出していただいて。。
ただただ、感謝の思いで胸がいっぱいです。
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。

京都では今後、オットはこれまで通りフリーライターとして、
私も、未熟ながらフリーの立場で、本づくりの仕事に
関わらせていただこうと思います。
このブログも、このままの形で続けていきたいと思います。

東京生活を共に過ごした友人、産後知りあったママ友さん、
保育所の方々、お仕事を通じて交流した方々、、、等、
東京生活を支えてくださった皆さんには、感謝してもしきれません。
この場を借りて、感謝を申し上げます。

どうか、私たち家族の新たなチャレンジを
あたたかく見守っていただけると幸いです。

IMG_2292_convert_20120315220852.jpg

---
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

[98] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[99] 引っ越し

そうなんだね。
色々いっぱいいっぱい考えたんだろうね。
今まで十五年?くらい住んでた東京を離れるには色々な思いがあるだろうね。
京都での生活、早く軌道に乗るといいね。
でも、和のもの好きなtomoさんには嬉しいことなのかな?
また落ちついたら遊びに行きたいな。

[100] Re: 引っ越し

たしかに15年過ごした東京も、大分に次ぐ第二の故郷という感じかもv-278
その後、ぶじに京都で新生活を始めました。
広島に近づいたし、また会える機会があるといいね!

ハチリンさんも、順調に保育園生活がスタートしたんだね。
うちは来週から、新しい保育園に転園です(ドキドキ~v-237



> そうなんだね。
> 色々いっぱいいっぱい考えたんだろうね。
> 今まで十五年?くらい住んでた東京を離れるには色々な思いがあるだろうね。
> 京都での生活、早く軌道に乗るといいね。
> でも、和のもの好きなtomoさんには嬉しいことなのかな?
> また落ちついたら遊びに行きたいな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/253-96ca7e28

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で本の編集業に携わっています。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (128)
本のシゴト (53)
ヨンダ本 (5)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (30)