FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

シュロほうき

畳の目や縁の細かいゴミは、掃除機ではとり切れずヤキモキ……。
我が家の小型そうじ機だとパワー不足なのかもしれませんが、
"オール畳”の新居では、ほうきの方が活躍しそう!と思い立ち、
前々から憧れていた棕櫚(シュロ)のほうきを入手しました。



入手先は、三条大橋の袂にある内藤商店
ほうきの老舗として雑誌などでも紹介されて有名なこのお店、
噂は耳にしていましたが、たわしとほうきばかりがズラリと並ぶ
店内の光景は圧巻でした!

けれど、ほうき初心者にはどれも同じに見えてしまい。。。
お店の方に「ほとんどが畳だけど、絨毯にも使いたい」と希望を伝えたところ
すすめられたのが、柔らかめのシュロを使った長ぼうき。

玉数(束の数)や幅などちょっとした具合で、持ちやすさが違い、
いろいろと持たせてもらった中から、7玉のものをお持ち帰りすることに。

そして帰宅後、驚いたのが履き心地の良さ&ゴミ取り能力の高さ!!
畳の上はもちろんのこと、食事スペースに敷いている絨毯の上のパンくずなどが
気持ちいいほどきれいに取れるんです。

明らかに、掃除機より優秀ーー
コンセントやコードを気にしなくていいので、
こまめにササッと掃除ができて、掃除が気軽&楽しくなりました(←大切!)。

DSC_2420_convert_20120403015755.jpg

ちなみに、内藤商店では「正しいほうきの使い方」も教わりました。

ポイントは力を入れすぎず、ほうきの先を床に押し付けないこと。
床と並行に、サササッと軽くほうきを動かすことで、
ほうきの先が反らず、ていねいに使えば数十年も長持ちするそうです(!)

また、使い続けるち、シュロの樹皮の油で床に自然なツヤも出るのだそう。
ほうきとしては高級品(8,000円程)ですが、
数年で買い換える電化製品のことを思うと決して高価ではないのかも(?)
長く、大切に、愛用していきたいと思います。

--
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ




関連記事
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/268-a2999169

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)