FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

2口コンロの台所

新居の台所は手狭ですが、
逆に、何でも手の届く範囲にあるので
使い勝手と居心地が良い空間です。

DSC_2427_convert_20120410132506.jpg

ただしガステーブルは昔タイプの2口コンロで。。
これまで使い慣れてきた3口コンロのように
いっぺんに鍋を火にかけられないので、調理システムの
練り直しが必要になりました!

いちばんのネックは炊飯釜。
毎日、お釜でごはんを炊くようになって早1年半。
「いまさら炊飯器には戻せない!!」と思うほど
お釜ごはんの美味しさにハマっている私たち夫婦。

これまでは3口のうち1口を炊飯専用にして
残りの2口で料理をしていたのですが、
新居では、お釜だけで1口ぶんを占領してしまうわけにもいかず。。

料理の順番を決め、炊飯を一番目に、
ごはんの蒸らし中はお釜を脇によけておき、
その合間にほかの料理をする……というふうに
計画的にコンロを使うようになりました。

おかげで、以前は炒め物をしながら、思いつきで途中から
具だくさんスープにメニュー変更……といった行き当たりばったりな
作り方をすることも多かったのですが、
今では、料理を始める前にきちんとメニューを
決めるように(←当たり前?!)。

左が蒸らし中のお釜。
中央は下の鍋で味噌汁の具をゆでながら、上の鍋で蒸し料理を、と
「同時調理」のワザも駆使しています。



ちなみに、ごはんの釜炊きが続いている理由は、おいしさに加え、
さほど手間ではないから。ふつふつと吹き始めるタイミングさえ見逃さずに
火加減を弱めれば、必ず美味しく炊けます。あとは水加減を守ることくらい。
いまでは、オットさんにも安心してお釜番を任せられるほどです。

炊飯器も捨てられずに、引越しで持ってきましたが、
このまま出番がないままかもしれないなぁと思っています。

--
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

関連記事
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/270-a1fd6915

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)