FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

今年も味噌を作ろう。

やっぱり、手作りのお味噌はおいしい!
はじめて味噌作りに挑戦した去年の成功(→去年の模様)に味をしめ、
味噌作り2年生の今年も、先週末+今週末と、2回に分けて
味噌仕込みに励みました。

せっかくなので、今年は作り方をメモしておきたいと思います。

【材料】(味噌㎏分)
大豆…1㎏、米こうじ…1㎏、塩…470g、種みそ用の味噌…適量

1)ひと晩水につけて戻した大豆を、やわらかくなるまで煮る。
2010_2_7_1.jpg
(白い泡のようなアクが出るので、すくいとりながら)


2)使う道具や容器は熱湯+焼酎などで拭いて消毒を。
味噌かめの壁には、種味噌(←発酵を促す)を塗ってスタンバイさせておきます。
2010_2_7_2.jpg

3)大豆が煮あがったところ。指でつぶせるやわらかさまで3時間ほど。
2010_2_7_3.jpg

4)ゆで汁を300ccほどとっておき、塩35gを溶かしておく。
2010_2_7_4.jpg

5)大豆が熱いうちにつぶす。
2010_2_7_8.jpg
(うちはミキサーしかないですが、フードプロセッサーが最も効率的では・・と思います。
どうしても大豆の粒が残るので、ミキサーにざっくりかけた後、
スプーンで一つずつつぶします。このステップが一番骨が折れるのです。。)


6)ミキサーを回している間に、塩とこうじをすり混ぜる。
2010_2_7_7.jpg

☆今回、塩はパルシステム(生協)で注文した「海はいのち」を使用。
2010_2_7_5.jpg

☆米こうじは、同じく生協で注文した、青森県藤崎町産のものを使いました。
2010_2_7_6.jpg

7)6の塩&こうじに、5でつぶした大豆をよく混ぜ、おにぎり大の「味噌玉」を作る。
2010_2_7_9.jpg

8)味噌かめに7の味噌玉をベシッとたたきつけながら、詰めていく。
3~4個詰めて、手の甲で押してしっかり空気を抜く作業をくり返す。
詰め終わったところ。

2010_2_7_10.jpg

9)表面にラップをかけ、重石をすれば完成。
※うちには専用の重石がないので、未開封の塩1㎏を乗せました。
(重石用の塩は、来年の味噌作りに使おうと思います)

煮込み時間は長いものの、ほかのことをしながら
時々火加減を見るくらいなので、基本的には「ながら作業」です。
つぶし始めてからの作業時間は、賞味1時間くらい。

味噌作り、とにかく無心になれます!
そんな時間がとても好きです。

パルシステム 手作り料理

------
ブログランキングに参加しています。
応援ポチッ、よろしくお願いします!


関連記事
スポンサーサイト



Comment

[14]

大豆をつぶすのには、ひき肉を挽くときに使うミルサー
なるものが便利と、新聞に載っていました。
手動式で、昔実家の祖母が使っていたような記憶があります。
案外お安く買えるそうですよ。

[15] >小梅さん

ミンサー、ですね。
てっきり業務用なのかと思っていたけれど、
ネットを見たら、プラスチック製のものまであるんですね。 
知らなかった! 来年用に検討してみたいところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/3-759023e8

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)