FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

樹々丸のグリーン

ご近所にある町家カフェ「樹々丸」さん(じゅじゅまる、と読みます)。
緑いっぱいの和空間があまりに心地よく、
ランチタイムに家族でちょくちょくお邪魔しています。

縁側から見るとこんな感じの店内。
(写真撮影NGのお店ゆえ、これはオズマガジンの掲載ページです。)

DSC_2681_convert_20120810031555.jpg

ここ、じつはカフェと同時に植物屋さんでもあるんです。
食事をしながら、庭や室内に展示されている緑を眺め、
気に入ったら鉢ごと購入もできるという仕組み。

個人的に大好きな山野草をはじめ、
南米やアフリカ産の見たことのない植物や、多肉植物までが
どれもセンスよく並べられていて、
和の佇まいにも不思議としっくりときています。

そしてすこし前に、樹々丸さんから我が家にやってきたのがこちら。
マダガスカル産の「ドルステ二ア」という植物です。
↓ 


くにゃりとして、さらに真上にスッと伸びる枝ぶりが、
なんともアートな感じです。
DSC_2664_convert_20120810031719.jpg

DSC_2663_convert_20120810031744.jpg

元気に育つと年中花をつけるとのことで、育てる楽しみも倍増です。
葉の陰に隠れて、見落としそうなほど小さな花。地味な花、大好きです!
DSC_2660_convert_20120810031852.jpg

DSC_2666_convert_20120810031646.jpg

水やりは2週間に1度ほどでよいらしく、育てやすいのもありがたい。
水やり以外ほぼ放任なのに、青々と伸びる新芽に生命力を感じます。
DSC_2656_convert_20120810031938.jpg

(おまけ)
鉢の下に敷いたのは、「森」の字がいっぱいのてぬぐい。
DSC_2686_convert_20120810031247.jpg



京都では樹々丸さんのように、自宅の一角を利用して
“小さな商い”をしているお店が多いなぁと感じます。

小規模だからこそ、
店主さんの思いがすみずみまできちんと込められていて、
オンリーワンな面白さが感じられるのが、心惹かれる理由。

もちろん何百年も続く京都ならではの老舗も、憧れの存在ではありますが。
つい何度も足を運んでしまうのは、自分と同世代くらいの夫婦が始めたような
小さいお店のほうだったりします。

都会の真似っ子ではない“古くて新しい京都”がそこにある気がして、
訪れるたび、そのクリエイティブな感性に刺激を受けてしまうのです。

---
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

関連記事
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/314-d97d724a

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)