FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

ベンガラ染め

昨年、京都自由学校の「ちくちくワークショップ」を通して体験した、
紡ぐ→染める→編む→縫う、の4つのプロセス。
なかでも、いちばん心惹かれた染色のことを、深めていきたいと思っています。

そして少し前にはじめたのが、
「ベンガラ染め」という古代から伝わる天然染料を使う染色。
大阪・古市(ふるいち)にある工房「古色の美」に通い、指導を受けています。

布を染めるとこんな感じに。
土っぽく、奥深い色合い。
とても気に入っています!

DSC_3594_convert_20130813173446.jpg

淡い色も艶っぽく、
繊細な印象に染まります。
グラデーション染めのインド木綿ストール。

DSC_3604_convert_20130813173506.jpg

染色に使うのは、いわゆる「ベンガラ格子」のベンガラです。
ベンガラの元になるのは、土の中に含まれる、酸化鉄Ⅱという天然のミネラル。

「ベンガラ=赤褐色」というイメージが強いのですが、
土を焼く温度によって、黄、ピンク、茶、オレンジ、赤……と様々な色に変化します。
その組み合わせで、多くの色のバリーエションが生まれるのだそうです。

ベンガラを細かく粉砕し、天然ゴムを加えて布に定着しやすく開発されたのが、
「古色の美」のベンガラ染料。
こんなボトル入りの、使いやすい状態で売られています。
IMG_6600_convert_20130816150127.jpg

染めた帆布で、色々なバッグをつくっています。
IMG_6598_convert_20130816145432.jpg

ヨガマットケース。(プリント生地と組み合わせて)
IMG_6599_convert_20130816145455.jpg

ベンガラ染めの奥深さにはまりつつある、今日このごろ。
これから、その魅力をもっともっと探求していきたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



Comment

[132]

うわあ。素敵!!
染色に興味があるものの、染めた布をどうしよう、お裁縫が不得意なので…なわたし。
針仕事もお上手で羨ましい!

[134] ayaちゃん

ありがとう!!
ついに染色にまで、手を出してしまいました(-_-;)
趣味をホソボソと追及していこうと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/358-133d414a

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)