FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

古建具

この家にはもともと、魅力的な建具がたくさんありました。

昔風のつぶつぶガラス(今はもう生産されていない)や、
格子の窓、時を経て飴色に変色した木製の窓枠……
どれをとっても新しい製品にはない、味のあるものばかり。

まだ使えるものは、できるだけ再利用したいとお願いしたところ、
改装工事中、こんなふうに脇によけてとっておいてもらうことに。
IMG_6172_convert_20131116075741.jpg

この段階ではまだ、どれを、どこに使うかは決まっておらず。
デザイナー・Kさんと話し合いながら、使えそうな場所を模索していきました。

このKさんのアイデアがまた秀逸で!
うまい具合に生かす案を、たくさん提案していただいたのです。

【BEFORE】1階の玄関脇にずらりと並んでいた建具を……
IMG_5993_convert_20131116075448.jpg

【After】2階の居室のあちこちに配分。
DSC_3945_convert_20131116075657.jpg

DSC_3911_convert_20131116075636.jpg

IMG_6712_convert_20131120092130.jpg


思いもよらぬところに使われることになった建具もあります。

【Before】玄関脇にあった細身のガラス建具が…
IMG_5504_convert_20131116115226.jpg

【After】なんと食器棚の扉に変身!
DSC_3960_convert_20131116075719.jpg

扉を開けたところ。
DSC_3942_convert_20131116075530.jpg

元々押入れに使われていた2枚の板戸は、
トイレ用の引き戸(左)と、収納棚の扉(右)に。
DSC_3761_convert_20131119164033.jpg



古建具がうまく収まらないところや、
イメージと異なる場所には、建具屋さんから
この家に合いそうな古建具を探してきました。

デザイナーさんに連れられて、
京都で有名な古建具屋「井川建具」さんにも、一度足を運んでみました。
(……が、この日は残念ながら良い出会いがなく。。タイミングが肝心のようです。)
IMG_2563-1024x768_convert_20131119111128.jpg

結局、追加した建具は、主にインターネット経由で入手。
居間と玄関土間の仕切り戸は、はるばる九州は長崎からやってきた建具。
大きな開口部と、ゆらゆらガラス(手作りゆえの歪みがある昔の板ガラス)が決め手でした。
IMG_7205_convert_20131116075803.jpg

古い建具は、高さが低めなので、
こんなふうに底辺に木を継いで、高さを出してもらっています。
(業界用語で「ゲタを履かせる」と呼ぶそう。)
これで長身のオットさんも安心して暮らせます。
DSC_3767_convert_20131116075557.jpg

仕事部屋の入り口(右側)の建具は、静岡から。
中央の透明部分は、やはりゆらゆらガラスです。
(左側は新しい建具を塗装したもの。)
DSC_3878_convert_20131116075616.jpg



関連記事
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/369-98a4f734

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)