FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

春分の日の、春色和菓子

2010_3_21_1.jpg

北海道の「松風」さんという、和菓子作家さんの砂糖菓子。
社長からのいただきものです。

春らしい淡い色とモチーフがとっても繊細で、
食べるのがもったいない! と思っていたのですが
1個食べたら、手が止まらなくなりました。上品な甘さは後を引きます!

同じく松風さんの「ごまのクッキー」と
「あんペースト」も絶品です。
2010_3_21_2.jpg

---

春分の日は、昼と夜の長さが半々になるという、暦上の大切な基準日です。
太陽の動きでいうと、太陽が真東から昇り、真西へ沈む日ということですね。

太陽暦を使っているイランなどの中東では、
春分の日が1年の始まり、つまり正月なのだそう。
自然との調和を考えると、たしかにそれも
利にかなっているのかもしれません。

今日の東京は、風は強いもののポカポカ陽気です。
外を歩いていると、体じゅうの骨や筋肉がゆるゆる~と
ほぐれていくような感覚になり、やっぱり太陽によって
体のリズムも培われているんだなぁと。
そんなことをふと思ってしまうほどに、春の光あふれる一日なのでした。
(単に出産へ向けて、体がゆるんでいるのかもしれませんが!?)

------
ブログランキングに参加しています。
応援ポチッ、よろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/40-1df0faff

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)