FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

「ブックバック」 プロジェクト始動

DSC_4239 軽

本業の本づくりとは別に、
染め物もライフワークにしていこう。
京都に越してから、新しい体験や出会いを重ねるうち、
そんな想いが、じわりじわりと、湧き起こってきました。

昨年からは「ベンガラ染め」の魅力にはまり、
どんなアイテムを、どんな風に染めていこうか……と
頭のなかで考え続けていたことが、なんとなく現実の形になってきた、今日この頃。

自分たちがずっと探してた、本のための「ブックバッグ」。
なかなか見つからないので、
布から染めて、イチから作ってしまおうということに。

仕事柄、重たい資料本を何冊も持ち歩くことが多く、
打合せや出張のたびに、肩はバリバリ、全身が筋肉痛になり。。。
重たい本を、できるだけ軽く持てる、シンプルなバッグがあれば……
そんな自分たちの願望を形にした、「ブックバッグ」が生まれました。

持ち心地も、サイズ感も、「本」に合わせた仕様になっています。
肩にくいこみにくく、重さを感じにくいように、持ち手の位置や太さを工夫。
Mサイズは、四六版の単行本が横に2列、A4サイズがすっぽり収まる大きさです。
bookbagnote.jpg

マジックテープで着脱可能な、仕切り(=ブックエンド)もつけてみました。
半分は本を、もう半分はカメラや財布などを入れたい、なんて時に役立ちます。
(本を独立して入れられるので、帯やカバーが破れたりしにくいです!)
bookbagcamera.jpg

試行錯誤の過程を、ぜんぜんブログにアップできていなかったので、
いきなり始まった感満載(!)の、マリモ舎・バッグプロジェクトですが、
実は昨年あたりから、オットが真剣にミシン男子ぶりを発揮していました。
もともと職人志向の人だから、熱中し始めるとハマる!
ツマ(と時々ムスメ)は、主に染めもの&アイデア担当です。

本業の合間を縫い、マリモ舎の部活動的なサイドワークとして、
京都の手作り市などに出没していこうと、只今プラニング中。
本格的な猛暑がやってくる前には……! と考えているので、
また、詳しいことは決まり次第、お知らせしたいと思います。

●ホームページにも、バッグのページを新設しました!
http://marimosha.com/bags.html
bagtop.png


↓ただいま制作中の織ネームのデザイン案。




=======

【追記】2016年12月
友人・知人ほか、ご希望をいただいた方に、
1点1点心を込めてお作りしておりましたが、
現在、本業多忙のため、新たなご注文は受けておりません。
ご興味を持ってくださった方がいらしたら、申し訳ありませんが、
いつの日が余力ができたらまた再開できる…かも(?)
そのときは、改めてお知らせいたします。
(マリモ舎・ブックバッグ担当者)





関連記事
スポンサーサイト



Comment

[145]

ぜったい買いますよー!!!
とっても楽しみです☆

[146] Momokoさん♪

うふふ♡ 嬉しいコメント、ありがとうございます(*^_^*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/410-ae45ad34

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)