FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

4月1日

新年度がはじまりました。
鴨川も、御所も、近所の公園も、京都のどこもかもが春爛漫。
街なかは、観光客でいっぱいです。


3月は春っぽいイベントがいろいろとあって、
ムスメ連れで、あちこちに顔を出しました。

とある日曜日に、ミシマ社で行われたサポーターデイは、
「みんなのミシマガジン」の著者と読者が直に交流できるという
貴重な場であり、春祭り的な陽気なイベントでもあり。
一軒家のアットホームなオフィスで、その場にいるみんなが
ニコニコしていたのが印象的な一日でした。
そして、ラグビー元日本代表(←『近くて遠いこの身体』の著者)の
パスを受けるムスメ。さすが教え上手(&パス上手)で、
普段はボールが苦手がムスメも、見事にキャッチ成功!


京都府立植物園で行われた、写真家・野口さとこさんのカメラ講座にも参加しました。  
久しぶりの一眼レフで、春のはじまりを撮影。
10376722_795568977184962_5405227240355628800_n.jpg

11082565_795569353851591_2922947292119541307_n.jpg

10年選手の我が家の一眼レフ。
最新式には色々と劣るものの、プロの手ほどきを受けると、
まだまだ可能性がいっぱい! 楽しく撮影できる! という驚きの新事実が
ぞくぞくと判明――(さすがプロ)。
ムスメが幼い頃はお出かけの荷物が多く、
いつの間にか、カメラを持ち歩かないクセがついていましたが、
ふたたび一眼レフ生活を復活させよう!と胸に誓った一日でした。 

参加者のおねえさま方の後をついて歩き、陽気に交流するムスメ。
みなさんが温かく接してくれるので、
なにやら女子的おしゃべりを楽しんでいる様子です。
近ごろは、そばにハハがいなくても全然平気で、
人一倍、人見知りが激しかった頃(3歳頃まで)とは別人のよう。
そんなムスメも、もうすぐ5歳です。
DSC_4849.jpg

カメラ講座の後、ムスメも一眼レフにはまってしまいました。



もろもろの決まりごと(ピントを合わせる、水平に構える、等)に全くとらわれずに撮るので、
大人には真似できないような、オモシロ写真になります。
やわらかい感性。子ども目線で、ワクワクをたくさん見つけてもらえたらと思います。

保育園では、3月31日が年少さん最後の日。
新年度からは年中さん。ムスメがもう年中だなんて!

冬の間は真っ暗だったお迎えの道も、近頃は夕陽の時間帯で明るくなりました。 
いつもは自転車で帰るのに、この日は「歩いて帰る!」と。
夕陽に向かって大股で歩く背中が、頼もしくて、まぶしくて……(親バカです^^;)。
帰り道に「抱っこ抱っこ」と泣いていたのは、もう過去のはなし。
お寺から枝を伸ばした紅白の梅と桜が、同時に満開を迎えていました。


<おまけ>
イヌの妹は、もうすぐ1歳。
ずっと食が細かったのに、
あたたかくなって、モリモリご飯を食べるように。
体つきが、ひと回り大きくなりました。


1月末に交通事故に遭って大怪我をしたのですが、
春になり、獣医さんも驚くスピードで回復しつつあります。
若さってすばらしい。そしてあたたかい春、バンザイ!
ギブスがとれる日も近そうです。



関連記事
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/460-a638a521

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (61)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)