FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリン発表会


本番2週間まえ。
ビアノ伴奏をしてくださる先生のお宅へ、意気揚々と。
violin0.jpg

あっバッグが引っかかった…!(注:わざとです。)
violin1.jpg

この日のビアノ伴奏付きレッスンで、
気持ちよく弾けたことと、周りからも褒められたことに
すっかり満足した様子だったムスメ。

驚くべきことに、その後本番までの2週間、
さっぱり練習をしなくなりました。
促しても気乗りしない様子で、
唯一、2度あったレッスン日だけ楽器に触れるという…。
見るからに練習不足で、一度は完璧になってた暗譜さえも怪しげという事態に。

もともと練習は強要しない方針で、と思ってきたけれど、
本番間際に一体なぜ……と周囲のオトナは青ざめておりました。
本人はいたってカラリとしていましたが。

そして迎えてしまった本番当日、……の早朝。
何やらひとりで起きだし、ごそごそとバイオリンを準備しはじめ、
ようやく練習を始めたではありませんか…!

お、遅すぎる。もう間に合わない…と、
布団のなかから寝ぼけた耳をすます親。
しかし軽く20回以上(いや30回?)とくり返し弾いているうちに
しだいにスラスラ弾けるように。
少なくともピアノ合わせ時点のレベルには戻ったのでは、
と寝ぼけながら、胸をなでおろしたのでした。

慣れないヘアセットをして、
violin3.jpg

いざ、出陣!
violin2.jpg

リハーサルでも、本番でも、
緊張するそぶりを1ミリも見せず、
最初から最後まで、たのしげに弾いておりました♪
violin4.jpg

---

終了後。

ムスメ曰く
「発表会、たのしかったから、
 またすぐにやりたーい!」
とのこと。

心臓に悪いから、もう当分はいいです、
というのが親の本音ですけれど。

我が子ながら、大物というか、マイペースというか。
自分とこんなにちがう性質(魂)を持って生まれてくるって、
本当にふしぎなことだなぁと、改めてビックリさせられます。
(ちなみに私は発表会はすごく緊張するタイプでした。
なのでわりと練習して、本番を迎えていた…ハズ。
オットも上がり性だったとのこと。ムスメの血はどこから?)

まあプロを目指してスパルタ!というわけではないので、
バイオリンのことは、ムスメのペースに合わせて
見守っていこうと決めました。







関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://iechie.blog65.fc2.com/tb.php/531-3c3b99fe

 | HOME | 

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で本の編集業に携わっています。
http://marimosha.com/
[mail]marimosha.info@gmail.com


カテゴリ

日々のコト (127)
本のシゴト (51)
ヨンダ本 (5)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (30)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。