FC2ブログ

毬 藻 舎 つ れ づ れ

日々のあれこれ。仕事のあれこれ。

料理本リレー

SNSでさまざまなリレーが回る中、
私はInstagramで 「料理本リレー」のバトンを受け取りました。
大好きな料理本を振り返る良い機会だったので、
備忘録としてこちらにも残しておきたいと思います。

この投稿をInstagramで見る

【私の好きな料理本リレー】 主婦と生活社料理編集部 @ryourinohon から始まった #料理本リレー。バトンを東京在住のカメラマン @wakyhama さんから受け取り、参加させていただきます。濱津さん、ありがとうございます! 休校&登園自粛中の長女次女とともに、巣ごもり生活の日々。欲求の9割以上が「たべる」ことに向かっている自覚があって体重計から目を逸らしたい近ごろですが、こんな時期だからこそ、たべること料理することの豊かさに救われています。 好きな料理本はたくさんあって迷いますが、我が家の巣ごもり生活を現在進行形で支えてくれている料理本を選んでみました。 . . . ◾️1枚目 . 左/ 『にんじん、たまねぎ、じゃがいもレシピ』 山田英季(光文社) おなじみの定番野菜を生かすためのアイデアレシピがたくさん紹介されている一冊。3度の食事を家族皆が揃ってたべる近ごろ、もうネタ切れ!というときでも、この本を開けば何かしらヒントが見つかる。”特別な何か”を用意しておかなくても、いつも家にある3種の野菜だけでこんなにも多彩なメニューが作れるのだという安心を得たのが何よりの変化。トイペは買い占めないけど、この3種のストックだけは切らさないようにと、意識して買い貯めするようになった。 右/ 『キャンプの肉料理』(オークラ出版) キャンプのための肉の仕込みレシピ集。いまはキャンプには行けないし、そもそもインドア派な我が家だけど(しかしキャンプ的な食&モノには目がない)、1〜2日後に美味しくなる!というワクワクした期待を抱きつつ仕込む時間が、こんな時期だからこそ心の救いになっている。そして食べる当日は、スキレットやホットプレートで焼くだけ。簡単だけど濃く深い味わい。 我が家の人気レシピは、辛くないスパイス数種とニンニクをすり込んで寝かせるだけのスパイシーチキン。スナック感覚でいくらでも食べられる。落ち着いたらこれを野外で豪快に焼き上げるのだ。そんな楽しい未来を想像しながら、今日も仕込みに励もう。 . . . ◾️2枚目 . 『台所のメアリー・ポピンズ おはなしとお料理ノート』(アノニマ・スタジオ) P.L.トラヴァース 著、小宮由(お話しの訳)、アンダーソン夏代(料理の訳) 写真は、長女が作ってみたい(食べたい!)と貼り付けたインデックス付きで。母娘でいま夢中になっている一冊。 メアリー・ポピンズと子どもたちだけで留守番をすることになった一週間に作ったレシピが、お話とともに紹介されている。物語とセットというところが夢いっぱいなうえ、料理の写真もくわしい解説的な絵も載っていないので想像力がくすぐられる。 この本がきっかけで、古いミュージカル映画と最近の映画「メアリー・ポピンズ・リターンズ」を、長女と盛り上がって視聴したのも嬉しい展開だった。 イギリスの伝統料理やお菓子が中心で、砂糖の多さに驚かされるレシピもあるけれど、そんな文化的な違いも楽しめる。 . . . ◾️3枚目 手前味噌本も入れてOKとのことなので、この2冊。 左/ 『野菜たっぷり すり鉢料理』 宮本しばに(アノニマ・スタジオ) すり鉢で作る54品の料理を紹介する一冊。胡麻和えなどの定番以外にも、パスタやつけ麺、ふりかけやサラダ、デザートまで。料理家の宮本しばにさん @shivanii482 が生み出す和・洋・中・エスニックと多彩なすり鉢料理は、我が家の食卓を本当に豊かにしてくれている。発行から早3年半が経ついま、長女はすっかりすり鉢マスター、最近は2歳次女も「ぐるぐるしたーい!」とすり鉢に興味津々で、家族を巻き込んですり鉢料理の楽しさにどっぷり浸かっている。しばにさんが生んだ「急がば回せ」という頼もしい名言は、いまの時期に改めてかみしめたい一言。 右/ 『おいしくたべる』 松本仲子監修(朝日新聞出版) 食べ物の命のこと、好きな味きらいな味のこと、料理のこと、「たべる」ことにまつわる、あらゆることを網羅した一冊。実用コーナーに載せた手作りバター(生クリームをペットボトルに入れて振るだけ)も我が子たちに人気。工作や実験大好きな子どもにとって、料理は何よりの”遊び”であるなあ、と改めて実感する日々。休校中、時間を持て余している子どもたちにこそ届いてほしいなと願っている本。 — 次のバトンはすり鉢本のブックデザインをはじめ、これまで色んな本のお仕事でお世話になっている食いしん坊デザイナーのいわながさとこさん @s_iwanaga と、京都の美味しい場所や素敵なモノを知り尽くしている編集者・ライターの宮下亜紀さん @miyanlife に回させていただきます。 お2人の紹介本も楽しみです。よろしくお願いします! #料理本リレー #うちで過ごそう

Kyoko Mori(@kyoko_tomonari)がシェアした投稿 -



関連記事

児童書のお仕事

2冊続けて、児童書のお仕事に
関わらせていただきました。

mariera 2020_4

*左
『マリエラミステリー なぞのモルモットおばけ!?』
ケイト・パンクハースト/著 須賀紀子/訳 (西東社)
イギリスの大人気探偵児童小説シリーズ、日本版第1巻目。

*右
『絵で見てわかる! 世界の国ぐに』(朝日新聞出版)
山口正/監修
北・中・南米エリアを担当させていただきました。


**

また、既刊の『おいしくたべる』(朝日新聞出版)が、
この春改定された、光村図書出版『5年生 国語』の教科書
「読書のすすめ」というページにて、書影入りで紹介されています。

そのおかげもあってか、ついに増刷決定!!
2年半がかりでの重版。
教科書制作に関わるどなたかの目に留まり、
このように選んでくださったこと、
この上なくうれしく思います。

たくさんの子どもたちに届きますように。



関連記事

『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』


編集をお手伝いさせていただいた本が、7月初頭に発刊されました。

調子いい
『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』仲野孝明/著(サンクチュアリ出版)


大正時代から続く治療院「仲野整體(せいたい)」の4代目、
仲野孝明先生による、カラダの正しい使い方の指南書です。

どのようにカラダを使えば調子が良い状態に導けるのか、
絵を中心に、ひと目で分かるような工夫を施した構成。
本も読みたくない…という”超お疲れ女子”でも、実践しやすい内容です。

みぞおちから脚が生えているようなイメージで歩くと、
疲れにくくなります!

調子いい2

スタッフの間で「みぞおちちゃん」と呼ばれ愛されていた看板キャラはじめ
本書内の全てのイラストを描いてくださったのは、イラストレーター・しまはらゆうきさん。
おしゃれで新鮮なデザインはマルサンカクの高橋朱里さん。

こちら、発売早々に重版もかかり、売れ行きも”調子いい”そう。
個人的には、制作しながら自身のカラダの見直しもできて、
とてもありがたいお仕事でした!



関連記事

2019 夏

2019-07-19_2.jpg

ずいぶん久しぶりの投稿になってしまいましたが、
マリモ舎ファミリーはみな元気にしています。

SNSとは別に、記録の蓄積になるブログを大切に続けていこうと
年頭に誓いを立てたはずなのに……
上半期はとにかく仕事↔家事↔育児の無限ループにはまって
あれよあれよという間に過ぎ去ってしまいました!

下半期(といってももう一ヶ月以上過ぎたけど)は心を入れ替え、
気持ちだけでもひと息つく意識を持ちたいものです。

いまは、
小3長女の夏の恒例イベントである
ヴァイオリンの発表会をぶじに終えてホッとしているところ。

3年目の今年は、ベッカー作曲『ガヴォット』という、
やや背伸び気味のバロック曲に決まり、3月頃からコツコツと練習スタート。
ピアノ伴奏もそれなりに込み入ってきて、ハハもこっそり裏練習の日々。
(本番はプロの先生が弾いてくれるのですが)
2019_7_18_8.jpg

しかし、本番間際に珍しく夏風邪を引き込んでしまった長女。
直前の一週間、みごとに楽器に触れなかったというまさかの事態(!)
……そして前日にようやくカラリと調子を取り戻し、
猛烈な直前練習の末に、発表会当日はノーミスで弾き切りました。

なんだかんだで本番に強い人(拍手!)
2019-07-18_2.jpg

そして「楽しかったからまたやりたーい!」と、
3年連続で同じ感想を語っておりました。

長女らしいマイペースな展開に、毎年ドギマギされっぱなしの大人たち。
でも、同じ教室の子たちの成長も楽しみで、
長女がヴァイオリンをやりたいなんて言い出さなかったら、
見ることもなかった世界に触れさせてもらっているなあと
こちらも楽しませてもらっています。

次女は早いもので、1歳7カ月。
自我がめきめきと発達してきて、
ときどき、魔のイヤイヤ期突入か?! というほど荒れます(笑)。
2019_07_18_6.jpg

身につけるもの(靴や服)に激しいこだわりを持ち、
保育所ではお友達と引っ掻き合いの大ゲンカ、
道を歩かせると暴走……などなど。

まったく穏やかではない性質の持ち主ですが、
長女との違いが新鮮でもある日々。
男子育ては経験したことがないけれど、
きっと少し似ている感じなのかなあとも。

とある日の、サングラス(おもちゃの)姿。
2019-07-18_7.jpg

7つも離れると姉妹でケンカになることも、ほぼなく。
お姉ちゃんがぐんとウワテで、この二人はほどよい距離感。
2019-07-18_3

犬のほうは、小さな怪獣(次女)をつねに警戒していて
まだまだ距離がありますが、ときにはこんな場面も。
「はい、どうぞ」
2019_07_18_4.jpg

ままごとキッチンの前で、寄り添う二人。
(犬のねらいは木製の野菜 ←かじるのにちょうど良いようで)
2019-07-19_1.jpg


梅雨明けも、もうまもなく。
この夏もみな元気に乗り切りたいと思います!



関連記事

恵文社一乗寺店『台所にこの道具』出版フェア

京都・恵文社一乗寺店にて、
『台所にこの道具』 の出版フェアがスタートしました。

生活館に入ってすぐのミニギャラリーに、
書籍内に登場する台所道具がずらり。

編集部に用意してもらった写真パネルと
京都在住のイラストレーター・ダイモンナオさんの原画(一部販売アリ)、
そしてしばにさんセレクトの台所道具と、
本書内の色々な良きモノが一堂に会したような
なんとも嬉しい空間になっています。

「生活館」という暮らしに寄り添うショップ併設の
恵文社さんならではの、ありがたい企画。
本がきっかけとなり、リアルに生活の「実」を増やしてもらえることが
実用書に携わるものとしては、この上ない歓びです。

年末年始、料理の「良き相棒」探しにぜひお出かけください。
(1/4(金)までの開催です。 *年始は元旦のみお休み)

blog_keibunsha12_1.jpg

blog_keibunsha12_2.jpg

blog_keibunsha12_5.jpg


*本書の料理写真を撮影してくれた野口さとこさんが、
イベント初日の様子をブログで紹介されています。
https://charlienog.exblog.jp/27755605/

*しばにさんのブログ
https://studio482.hatenablog.com/






関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

毬藻舎

Author:毬藻舎
2012年に東京から京都に移り住み、
夫婦で書籍編集と
ライティング業に携わっています。
http://marimosha.com/
お仕事のご用命は
marimosha.info@gmail.com まで。


カテゴリ

日々のコト (131)
本のシゴト (58)
ヨンダ本 (6)
家シゴト・手シゴト (62)
コドモのコト (5)
町家のヨウス (19)
季節のツボニワ (10)
日本のヨキモノ (40)
京都のアレコレ (51)
東京時代(〜2012年3月) (117)
オシラセ (31)